ダンベル・ベンチプレスセット激安通販

体を引き締めるために、家で簡単ダンベルトレーニング

ダンベル説明

メタボリックシンドロームの危険性が叫ばれる昨今、トレーニングやダイエットといった情報は溢れています。
ダイエットやトレーニングに効果的なのは、なんと言っても体を動かし基礎代謝を上げる事が重要です。そこから更に1歩進んで、美しいボディラインを作りたい!そう思う方も年々増加しています。
そんな方には、ダンベルでのトレーニングをオススメします。
男性・女性共に引き締まった体作りをしたいと考えるに方に人気のトレーニングで、初心者でも簡単に理想的なボディラインを作ることができます。

ジム通いよりお得な理由ジムに通うとなると、およそ月/1万〜かかってしまい入会金を足すと結構な額になってしまいます・・・ダンベルなど意外と安く買えるので自宅でのトレーニングがオススメです!!

体を鍛えるのにどんなダンベルを買えばいいの?

ダンベルには2種類のタイプ《重量を変えることができるタイプ・できないタイプ》があります。
重量を変えることができないタイプを買ってしまうと・・・
筋力が向上してきた時に使用しているダンベルより重いダンベルが必要になるので、最初は値段が安くても買い足すことで結局高くついてしまうという方が多いので気をつけましょう。

今売れているダンベル

ダンベルラインナップ

人気のダンベルはTIZ STYLE(ティズスタイル)重量可変式ダンベルです。カラーが5色から選べスタイリッシュなフォルムになってます。安全の為にプレート(重りの部分)がラバー付きになっていて床にキズが付きにくいので自宅でのトレーニングの際に初心者でも使いやすいダンベルになってます。
まとめ買いがお得オススメは30kgラバー付きダンベルで最初はプレートを少し外してトレーニングし徐々に重くしていきましょう。

 

 

ダンベルじゃ物足りない方には ベンチプレス

本格的に上半身を鍛えたいならベンチプレス

トレーニングを続けていてダンベルじゃ満足できなくなってきた方にはベンチプレスをオススメします。上半身(主に大胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部)を鍛えるウェイトトレーニング方法で、これを行うだけでも上半身の筋肉の60%〜80%を鍛える事ができると言われています。

 

バーベル説明

バーベルプレートはダンベルと兼用なのでお得

TIZ STYLE(ティズスタイル)バーベルのプレートはダンベルのプレートと兼用可能になっていてシャフトの部分だけの購入で使用できます。シャフトの値段も期間限定SALE中半額以下で購入できるので今がお買い得です!!
※バーベルベンチは別売りのため、同時購入をおすすめします。

>>期間限定SALE詳細はコチラ<<

 

プロスポーツ選手・格闘家も愛用者多数

TIZSTYLEはダンベルなどの初心向きのものから、本格的なジムに置かれているマシーンまで幅広く取り扱っています。自宅でのトレーニングをお考えならディズスタイルのベンチプレス通販がオススメ!!

 

 

▼期間限定SALE&送料無料▼

 

TIZSTYLE公式はコチラ

 

 

ベンチプレス台を選ぶコツ

 

ベンチプレス台を選ぶ上で注意しなければいけないポイントは、@ワイドかナローかA耐荷重Bラックの高さ調整CセーフティーバーDシートのサイズ、材質の5点です。@ワイドかナローか?…ベンチプレス台には左右のラック間が広くてラックの内側を握ることになる“ワイドタイプ”と、ラックの間隔が狭くて外側を握る“ナロータイプ”があります。ナロータイプは安定感がないので、スペースの許す限りはワイドタイプを選択することをオススメします。A耐荷重…家庭用のベンチプレス台だと耐荷重は安物で200キロ程度、そこそこの価格だと300キロ程度のものが多いようです。この耐荷重という数値は体重+バーベルの重量のことなので、長くトレーニングをしていくつもりなら300キロ以上の製品がオススメです。Bラック…販売されているベンチプレス台には、高さの調整機能が付いていないものも結構多いです。肩を痛めたり、無駄なエネルギーを使わないためにも調整機能付きのベンチプレス台をオススメします。Cセーフティーバー…以前、ベンチプレスでバーベルを首に落とした男性が死亡したというニュースがありました…。これは、セーフティーバーさえきちんとセットしておけば防げた事故です。ベンチプレスを行う場合、セーフティーバーは絶対にある方が安心です!Dシートのサイズと材質…シートの高さ・幅・材質は、メーカーによって違います。大抵の人は少し重い重量を扱うために、シートを高くし幅を広めにしていますが、鍛えることだけが目的であれば少々低く細いシートでも問題はないそうです。以上の5点を踏まえて、安全に使えるベンチプレス台を選んでください。

基礎代謝を上げるためのダンベル体操から始めるのがオススメ

基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やして代謝を活発にする必要があります。
自宅で手軽に筋トレできる道具と言えば、やはり『ダンベル』でしょう!重さは無理なく体操できるものでOK♪筋肉を鍛えてあげれば自然と基礎代謝も上がってきますよっ!
ベンチプレス激安通販

 

 

用意するものはダンベル2つです。重さは、自分にあった適度なものを用意して下さい
☆【ダンベル体操】
@両足を肩幅に開いて立ちます。
A両手にダンベルを持って、腕は自然に下しておきます。
B腕を水平に上げ、肩と垂直にします。
これらのダンベル体操は1日20分くらいが効果的☆「テレビを見ながら…」「ラジオを聞きながら…」行うのがオススメです♪ちなみに早く動く必要はありませんので、ゆっくり自分のペースで取り組みましょう☆やり過ぎると関節などを痛める可能性があるので注意が必要です!また、体操を毎日行うのであればあまり重いものは使わないようにしましょう。
内職 アルバイト

トレーニングで基礎代謝を上げる理由

「基礎代謝」とは、体温調整や呼吸といった“人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギー”のことで、消費される全エネルギーの約70%を占めています。実は、基礎代謝は眠っている間でも消費されているんです!!基礎代謝のピークは男性が16歳、女性が14歳で、鍛えていないとだんだん下がっていきます…。基礎代謝を上げるか維持できると、消費エネルギー量が増えるので運動をしていないときでも太りにくい体を作ることができます。逆に、基礎代謝が低いと太りやすい体になってしまいます。基礎代謝低下の原因は、「筋肉の衰え」と「心肺機能の低下」といわれています。トレーニングで体を鍛えて筋肉量を増やしていけば基礎代謝も増えていきますが、筋肉量が減れば基礎代謝も減ってしまいます…。押す・引くなど筋肉の収縮を持続させる等尺性運動、筋肉を繰り返し使う等張性運動といった静的運動で筋肉量を増やし、腹式呼吸で横隔膜を鍛えて、歩く・走るなどの有酸素運動で心臓や肺などを鍛えると、基礎代謝が増え、全身の持久力がアップして太りにくい体になるので、生活の質の向上にもつながること間違いナシっ♪

 

http://www.morgannz.com/

 

ベンチプレス&バーベルセットおすすめはコレ

 

ベンチプレスのためのバーベルセットのおすすめは、ティズスタイルのラバー付きバーベル100kgセットです。トレーニングを続けていると、ダンベルでは満足できなくなります。そうした時におすすめなのがバーベルセットです。ベンチプレスでバーベルセットを使えば、しっかり筋肉を鍛えることができ、上半身の筋肉の60%〜80%を鍛えることができます。

 

ティズスタイルのバーベルセットは、リングを回してプレートを外すだけで重さを簡単に替えることができます。また、ラバー付きなので、床の傷や振動を防ぐことができます。値段も手頃で、定価44400円が28380円で購入できます。お手頃価格なので、初心者にもおすすめできます。

 

ティズスタイルのラバー付きバーベル100kgセットは、ベンチプレスと一緒に購入するとよく、値段が安い割に、商品がとてもしっかりしています。かなりの重量なのに、送料無料で届けてくれます。ティズスタイル通販は、ダンベルやバーベルなどの手軽なものがあるので便利です。バーベルのプレートはダンベルのプレートと兼用可能なので、シャフトの部分だけの購入もできます。

 

筋トレ フラットベンチおすすめは?

 

自宅でダンベルトレーニングをする場合、とても便利なのがフラットベンチです。これさえあればトレーニングの種目を飛躍的に増やすことができ、効率的なトレーニングができます。フラットベンチは、床に対して水平なベンチになっていますが、商品によっては途中から折れ曲がるものもあります。座る部分と背もたれ部分に分かれるものがあり、角度が調節出来るのが、インクラインベンチです。

 

フラットインクラインベンチでおすすめといえば、自宅で簡単に組み立ててトレーニングができるティズスタイルのインクラインベンチがあります。何と言っても、筋トレ器具専門通販の商品なので、信頼できます。ティズスタイルの公式サイトでは、鍛えたい箇所によっておすすめのトレーニング器具を紹介しています。ティズスタイルのインクラインベンチなら、フラットベンチとしても使用することができ、角度を変えることで、狙った筋肉に刺激を与えることができます。毎日コツコツと身体を鍛えることができます。 ティズスタイルのフラットベンチは、使い勝手が申し分なく、コンパクトに収まるのでとても便利です。